京都の鉄工所の鉄工奮闘記!
鉄工所での溶接・加工など製作作業風景や京都情報なをボチボチと紹介していこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッチン用ラック 作業風景vol.2
オーダーメイド・キッチン用ラック製作風景その2です!

前回は図面に記載されているサイズに合わせて材料をカットしました。いよいよ組み立て作業にかかっていきます。

こういうラックやフレームを組むときは、特に指示がない場合どの面から作るかをまずイメージします。これは材料をカットする前に決めます。
今回のような立方体の場合、6面あるうちの対面する2面を選びます。
今回は左右の面から組むことにしました。
理由は枠(面)内に多数のパイプやシャフトを溶接するため、先にこれらを溶接したほうが作業性がいいからです。

キッチン用ラック3

画像をみる限りでは簡単そうな作業そうですが、けっこう手間がかかってます(^_^;)
溶接をすると熱によってどうしても歪みが発生してしまいます。適当に目分量だけで枠組・溶接をすると対角の寸法がずれてしまうんですよ。これは仮付けの時点でキッチリと角度を出していてもちょっとした事で狂いが生じてしまいます。
ここで出た狂いはこの時に修正しておかないと、あとあと大変なことになるので結構気を使いながらの作業になります。

今回も丁寧に作業しましたのであとの作業(本体組・仕上げ)は比較的楽に済みました。

次回 その3 は塗装前までの工程を紹介します。


鉄工所 /ティーアイアンではこのようにオーダーメイドも随時受付ておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい!! 

(有)ティーアイアン http://www.h6.dion.ne.jp/~t.iron
メールでのお問い合わせはこちらをクリックしてお問い合わせフォームをご利用下さい。



テーマ:鉄工所のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都の鉄工所の鉄工奮闘記! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:京都 / 溶接 / 製缶 / ディスプレイ / オーダーメイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。