京都の鉄工所の鉄工奮闘記!
鉄工所での溶接・加工など製作作業風景や京都情報なをボチボチと紹介していこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジマル・やかん 修理奮闘記vol.2

フジマル・やかん 修理奮闘記vol.1 のつづきです。

現物確認のために発送していただいた
やかんが届き、早速チェックしました。

確かに底面が溶けて穴が空いています。
素材はアルミで本体の側面下半分と底には
ハンマーで打った模様が入っています。
レトロな感じです。

ただ単に穴が空いているだけなら
まだ良かったのですが、周辺も焼け溶けているので
ちょっと大変な作業になりそうな予感。

とりあえず、お客さんに電話をして
状況を説明しました。

何とかしてあげたい気持ちはいっぱいあるが、
劣化具合からして非常に厳しい。
知り合いの業者に頼めば何とかなるかもしれないが、
コスト面でお客さんが納得できるかといえば微妙。

確かに思い出は詰まっているとは言え、
物は やかん 。

すべて説明をして、
最終判断をお客さんに委ねたところ
寂しそうな声で『処分してください』。

ツライ。
軽々しく『とりあえずやってみます』と
言えるわけもなく、申し訳ない気持ちで
一旦電話を切りました。

つづく

テーマ:鉄工所のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 京都の鉄工所の鉄工奮闘記! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:京都 / 溶接 / 製缶 / ディスプレイ / オーダーメイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。