京都の鉄工所の鉄工奮闘記!
鉄工所での溶接・加工など製作作業風景や京都情報なをボチボチと紹介していこうと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日東工器 マルチワーカー(MW-50)
道具紹介☆第四弾です。

日東工器 マルチワーカー(MW-50)です。
正面(真ん中)にある90度の刃の部分はアングルFB(フラットバー)・鉄板などに切り込みをいれるところです。(撮影用にカバーは外しています)
画像向かって左の部分も切り込み用の型をつけていますが、こちらは四角にカットするときに使います。
画像向かって右の部分はパンチャーになっていて穴あけのときに使用します。
裏側はベンダーになって素材を直角に曲げれるようになっているのですが、ほとんど使ってないです。
あと、下のほうにはアングルカッターも装備されていますが使用機会は少ないです。素材のカットはメタルソーシャーリングを使う機会の方が多いです。

マルチワーカー


アングルでフレームを組むときに、昔はガス切りにて切り欠きをいれていたのですが今はこのマルチワーカーのおかげで作業性も精度もあがったので重宝しています!

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

メタルソー
今回は、メタルソーです。

パイプアングルなどをカットするときに使います。
角度は直角(90度)~30度(鋭角方向)までカバーしています。
切削液が流れるので刃が焼けないようになっています。

刃は鉄用・ステンレス用、粗目・細目とあり用途によって使い分けています。

メタルソー

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 京都の鉄工所の鉄工奮闘記! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

SEO対策:京都 / 溶接 / 製缶 / ディスプレイ / オーダーメイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。